« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月23日 (月)

パキラ、ハルヒ2次出荷しました!!

皆さんこんにちわ!ブログ担当金子です!

本日『パキラ』、『涼宮ハルヒ』2次分、共に無事出荷となりました!

Dscf1104 倉庫の様子
Dsc02689
私も検品に立ち合ってきましたが、パキラ、ハルヒ共にとても良い仕上がりでした~

Dsc02700
この通り、デコマスに勝るとも劣らない完成度!
原型師、フィニッシャー、工場の方々、その他関わったすべて人々の努力の賜物です~

Dsc02695
Dsc02694
個人的な話で恐縮ですが、パキラは入社後、初めて担当した商品。感慨もひとしおなのでした~

パキラ、ハルヒともに24日か25日には店頭に並ぶものと思います。
皆さん、何卒よろしくお願いします!

Dsc02698 こいつはもらっていくぜ!

|

2007年4月20日 (金)

『劇場版 灼眼のシャナ』公開直前!「1/8 シャナ」彩色見本公開 + 「手乗りタイガー」

どーんっ!!

Photo_4 Dsc09736

こんにちわ、企画のタナカです。
いきなりですが『シャナ』の彩色見本公開です~。

明日からついに「劇場版 灼眼のシャナ」が公開、
さらに秋からの第二期も決定し、ますます盛り上がりを見せる「灼眼のシャナ」にマックスファクトリーも参戦。

原作イラストを手がける「いとうのいぢ」先生のテイストの大切に、
フレイムヘイズとしての凛々しく格好良いシャナを目指しました。
『炎髪灼眼の討ち手』としての彼女の魅力、伝わりますでしょうか。
本日更新の「ワンホビニュースウォッチ」もシャナ特集の予定ですので、
そちらも合わせてチェックしてみてください。

そして、本日は電撃文庫繋がりということでもう一つ。

どどーん!

Dsc00536_1 Dsc00551_1

電撃文庫の人気作『とらドラ!』から、手乗りタイガーこと「逢坂大河」の原型画像です。
1巻表紙をモチーフにしたポーズから、キリッとこちらを睨んだ表情が可愛らしい。
手のひらに乗ったトラにも要注目。
原型制作は、もうすぐ発売となる『パキラ』も担当していただいている徳永弘範氏。
まだまだ原型の状態ですので商品化はしばらく先になりますが、続報を期待してお待ちいただけると嬉しいです。

最後にお約束として「手乗りタイガー」な画像を。

Dsc00557

今後とも弊社商品を宜しくお願いしますっ。

|

2007年4月17日 (火)

獣神将プルクシュタール発売!

皆さんこんにちわ、金子です!

ガイバーの商品としては去年の6月に発売された「ガイバーⅠ/ Image Head Plus 」以来となる「獣神将プルクシュタール」が本日無事出荷となりました~

Dscf1100
Dscf1085
12神将だけあって堂々としたお姿!
素直にカッコイイです。
ちなみにマントは布製で可動を妨げる事なく様々な表情をつける事が可能。
やっぱりマントは男のロマンですね。

Dscf1092 ライトニング・ドライブ!
肩周りは専用の可動方式を採用。
無理なく肩を上げる事ができます。
Dscf1094
この肩関節、かなり自然な体の動きを再現してくれているので、触ってて楽しいです。

Dscf1080
可動検討課、課長八木氏も一心不乱に遊んでおりました。
関節周りの安定感もバッチリで、普段は辛口コメント大目の八木氏も満足されたご様子。

さてこのプルクシュタールですが、少々マントの装着にコツがあったりします。説明書の通りに行なえば特に問題なく装着できるとは思いますが、それでも上手くいかない人は以下のように肩アーマーを外して装着してください。
1_4 ①肩アーマーを外す
2_1 ②マントの穴にマント側の肩アーマーの軸を通す
3_2 ③肩のアーマー同士をくっつける

この方法で楽に装着できると思います。
お試しください。

「獣神将プルクシュタール」、店頭には本日17日か18日には並ぶものと思います。
店頭で見かけましたらどうぞお手に取って確認してください~

Dscf1096 みんな買ってね!

|

2007年4月12日 (木)

「月宮あゆ」原型画像

こんにちわ、企画のタナカです。
本日は現在進行中の企画から、こちらを紹介したいと思います。

どーん!

001_2  009

人気ゲーム「Kanon」から、『月宮あゆ』です。
「kanon」は先日、京都アニメーションによるアニメ化が最終回をむかえたばかり、
ファンの方々はいまだに余韻に浸っているのではないでしょうか。

今回ご紹介したのは、展示用としてホワイトで着色しスミイレをした原型ですので、
通常の原型画像よりもずっと雰囲気が出ているかと思います。

価格や発売時期などの詳細はまだ決まっておりませんが、
続いてのラインナップとして「沢渡真琴」も鋭意制作中ですので、
合わせて期待してお待ちしていただければと思います。

今後とも弊社商品を宜しくお願いしますっ。

|

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »