« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2006年8月 4日 (金)

35MAXお手軽強化方法 その1

皆さんこんにちわ! ブログ担当金子です!

Dsc09999
さて、35MAX第1弾のスコープドッグスタンディングトータスが発売されて2ヶ月が過ぎました。
今月にはターボカスタムブラッドサッカーが、さらに8月19、20日に開催されるキャラホビ2006では待望の武器セットの発売が予定されており、35MAXワールドはますます広がっていく様相を呈しております。

Dsc08908_1 武器セットを装備したAT群
Dsc00015_2 近くによるとこんな感じ~

武器セットはキャラホビ限定というものでは無く、今後通販でも販売する予定です。詳細は追って当ホームページにてお伝えしていきますので少々お待ちください!
(注意:武器セットは無塗装レジンキットとなっていますので画像のように完成している状態で販売する訳ではありません。完成には多少の模型製作知識を必要としますのでご了承ください)

さてこの武器セットですが、レジン製という事もあって重量がそれなりにあります。現在発売されている35MAXシリーズは関節の保持力にどうしても固体差があり、武器セットを持たせた時、モノによっては上手くポーズを取らせる事が困難な場合も想定されます。
そこで今回は「お手軽関節強化法」と題しましてポージングに最も重要な肘関節の渋みを増すいくつかの方法をお届けしようかと思います。(申し訳ありませんが強化は自己責任でお願いします!)

---------------------------------------

まずは関節を取り外す所から。
本商品は基本的にほとんどの部品をメンテナンス用、または交換用としてばらす事ができるようになっております。まずは細かい部品を全部外してから両側に引っ張るようにして肘を外します。
Dsc08882_1

片方に関節のパーツが残ると思いますので、これを更に引き抜きます。
ラジオペンチなどでも引き抜けますが傷が付いてしまう可能性がありますので、スコープドッグに付属している金属棒(通称マジカルステッキ)を軸に差し込んでテコの原理で持ち上げると楽に抜けます。
Dsc08883
トータスのみしか持っていない方は細いドライバーなどでも代用できるかと思うので試してください。

さて、関節を取り出す事に成功しましたらいよいよ関節の調整に入ります。

関節強化方法① 瞬間接着剤を用いる方法

まずはオーソドックスな市販の瞬間接着剤を使った方法から。
Dsc09992
写真のように関節と関節の接地面に瞬間接着剤を垂らして太らせます。

Jointa←関節の略図。オレンジ色の部分に垂らすと効果的です。
ある程度太らせたら、関節を元に戻しますがこのとき良く乾かしてから戻しましょう。
乾いてないうちに引っ付けてしまうと動かなくなってしまうので注意!!
また関節には向きがありますのでそこも注意してください~
Dsc09993 ←関節の方向はこの写真を参考にしてください

Dsc00001 こんなもの(ダイキャスト製の剣)まで持てるように!

瞬間接着剤を使った方法は以上です~
この方法は模型をそれなりにたしなんでいる方には常識となってますね。
ただ、本商品の関節はPOMという非常に強度を持っている代わりに塗装や接着剤が乗りにくい素材をつかっていますので、ある程度動かしていると再び緩くなってきます(汗

という事でこの方法はどうしても定期的にメンテナンスが必要になってしまいます。
また模型初心者の方は瞬間接着剤が家に無い、という事もあるかと思います。
そこで次はもっと簡単な別アプローチの関節強化方法を皆さんにお届けしようかと思います。
長文になってしまったので次回に続きます~~~

|

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »