« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

ガイバーⅠ 到着~

皆さんこんにちは!
ファクトリーにBFC MAX「ガイバーⅠ/ Image Head Plus」が入荷されました~

Dsc00053
本商品、基本的には以前弊社より発売された、ガイバーⅠと同じ仕様ですが「せっかく再販するなら何かプラスしよう!」という、ファクトリーのいつものスタンスで新造された「装甲が剥がれたヘッド」と「装甲を引きちぎった手」の二種が付属するというものになっております。

Dsc00058

Dsc00069
とにかく動かすとカッコよくキマるんですよ、このガイバー。

Dsc00076
付属の台座&支柱のおかげでかなりダイナミックなポージングも可能です。
他にも以前のものに付いていた付属品(もちろん通常のヘッドも)は全て付きますので、前のものを持っていない人も安心して遊べます。
Dsc00065 

ヘッドの交換ですが、強引に引き抜くと首側の軸が取れてしまう事があるようなので、なるべくゆっくりと頭を回すようにして引き抜いてください。ドライヤーなどで少し暖めると更に安全に抜く事が出来ます。

それと同封されているアンケート葉書ですが、代理していただいているグッドスマイルカンパニー様の住所が変更された為、現住所とは違う表記となっています。このまま送っていただいても転送されますが、お手間でなければ送り先を「千葉県松戸市本町23-5 土屋ビル6F」に変更していただければ幸いです!

そんな感じの「ガイバーⅠ/ Image Head Plus」
今日、明日には店頭に並ぶと思われますので見かけたら手に取ってやってください!

それでは~

|

2006年6月28日 (水)

千歳T1!

こんにちわ! ブログ担当金子です。

巷で話題をいただいているという『あまえないでよっ!!』南部 千歳のテストショットが上がってきました~

Dsc00146 ←仮のブリスターです
これ一式入ってます(笑)
前代未聞のセットですね。バカですね。

Dsc00147
ヒケやパーティングラインなどが多少ありますが、T1にしてはかなり良い感じです!
これから更に良くなっていきますよ~

さて気になる脱衣機能ですが・・・
Dsc00240
まあそれは手に取ってからのお楽しみという事で!

付属の胸部衣装パーツで色々なシチュエーションを楽しむ事が出来ますし、何故か二つ付いている数珠は法事で活躍する事間違いなし!!

お買い得感満点の南部千歳。是非よろしくお願いします~

|

2006年6月26日 (月)

イグニス定点観測 第09回

皆さんこんにちは!ブログ担当金子です。

イグニス定点観測第九回。
いよいよラフ状態を脱し、後はとことん詰めて行くのみとなったイグニスの原型製作。
これからは純粋な精神力との戦いといった所でしょうか。
といっても「息を吸うようにポリパテを盛る男」北出氏にはあまり関係ないのかもしれません・・・
では製作開始から43日目のイグニスの状態です。

_017
_019
_022 制作43日目(05年9月21日)
ほぼポーズや髪の表情なども決定したので、全体をクリーンナップしている状態です。
解像度を上げているという表現が適切でしょうか。
原型師さんにもよりますが、ファクトリー内では主にこういう風に解像度をあげる方法で原型を製作していくので、顔の細かい表情などは意外と後回しだったりします。

この時の作業日報にはディレクター工藤氏のこんな言葉が残っています。
「北出君にはいつものように“ただ”整えてしまった弊害“ベクトルが消えてしまっている”を指摘しました。」
ただ漫然と表面をペーパーで磨いて綺麗にするだけでは、勢いが無くなってしまうという事でしょう。当然ですが解像度を上げていくという作業も簡単なものではないようです。

それでは!

(c)2005 Nitroplus co.,ltd. All rights reserved.

|

2006年6月22日 (木)

イグニス定点観測 第08回

皆さんこんにちは、金子です!

今回は久々のイグニス定点観測、第八回をお届けします~

さて製作開始から一ヶ月が経過し、ディレクター工藤氏が少し手を入れて変化を促そうとしたイグニスの原型製作。前回から六日が経過した状況です。

_025
_028
_030_1 制作36日目(05年9月14日)
基本的なポーズの変化はありませんね。これでほぼポーズに関しては決定といった所でしょう。
ただポーズが変化していなくても髪の毛の動きの変化、剣の持ち方で、六日前のものとは非常に印象が違うものになっています。
「この流れだと正面から全然見えないしせっかくの長い髪がもったいない」とは二日前の物を見たときの工藤氏の談話。
一番見せたいアングル=メインビジュアルにその立体の魅力を凝縮させることは原型製作において大変重要なこと。したがってイグニスの特徴的な髪の毛ももちろんこのメインビジュアルのアングルからみて「映える」ことを意識して構成しならなくてはいけないというわけですね~

以上、製作開始36日目のイグニスの状態でした!
ではまた!

(c)2005 Nitroplus co.,ltd. All rights reserved.

|

2006年6月16日 (金)

アポカリプス ナウ! その2

社長が買ってきた「マーベルレジェンドシリーズ」、「アポカリプス」セット!!
「とりあえず組んどいて♪」という指令を受けて全長40cmのアポカリプスを組み上げに掛かる私と可動検討課のドン、八木氏!

Dsc08721
Dsc08722 その巨大さに圧倒されつつも組み上げる二人
Dsc08749 完成~

でかっ! そしてその圧倒的な存在感! 大きいってやっぱいいですね!

Dsc08747_1
ただ大きいだけじゃなく、筋肉の表現、可動部分もすばらしい出来!

Dsc08731 
みんなで記念撮影~
う~ん、いいですね!
こりゃぁ同シリーズのセンチネルやモジョなども社長に買ってもらわないと!

以上、たまには他社さんのおもちゃレビュー編でした~

|

2006年6月14日 (水)

35MAX&コピックイベントの模様

はじめまして! マックスファクトリーの大山と申します。

去る6月11日、ヨドバシカメラ新宿西口本店ゲームホビー館様にて行なわせていただいた35MAX&コピックイベントの模様をレポートいたします。
1_3 
今回のテーマはコピックで35MAXに汚しを施し、お手軽に完成品のレベルに引き上げるテクニックを皆さんにお教えしようというものです。

2
当日は、あいにくの雨模様(関東地方は梅雨入り直後でした)、本当にお客さんは来てくれるのでしょうか?

3
と思ったら、第一部開始早々約30人のお客様に来て頂けました!

4
MAX渡辺、雨もりにもめげず35MAXにコピックを施していきます。

6
イベントの一部始終を録画していたGSC営業の浜島さん、お疲れ様です。

5_1 ←左が私です
天候とは裏腹に、冗談も交えつつ最後まで明るい雰囲気で進める事が出来ました。
荒天の中ご来場いただいた皆様、改めまして本当に有り難うございました!これに懲りずに次回イベントの際も是非いらして下さいね!

Maxmoovin_1 ←イベント終了後の愉快なMAX渡辺(クリックしてみよう)

おかげさまで好調な売れ行きを見せている35MAX、トイザらス様でも取り扱いを開始していただいたようなので、そちらの方もよろしくお願いします。
それではまた!(大山)

|

2006年6月12日 (月)

アポカリプス ナウ! その1

5月某日、珍しく快晴の千葉のマックスファクトリー。
社長が笑顔で「これ開けて組んどいて♪」と言って来たのは米TOYBIZ社の「マーベルレジェンドシリーズ」の「アポカリプス」セット!!
これはマーベル有名ヒーローたちのアクションフィギュアにそれぞれアポカリプス(マーベルワールドきっての極悪人)のパーツが入っているというモノで、六つのパーツを合わせるとなんと40cmもの大きさのアポカリプスが完成するという凶悪なおもちゃ。さすがアメリカ人、スケールがでかい!

Dsc08714_1
Dsc08716 せっせとパッケージを開ける私(右)と可動検討課のボス,八木氏(左)

それぞれおよそ1500円程度なんですが、出来は結構良いです。

Dsc08737 ウルヴァリン。このシリーズの中で一番出来がよいのではないでしょうか。

Dsc08742 ビショップ。これもなかなか。

Dsc08739_1  え~っと、誰?

すいません!実はアメコミは基本的な知識くらいしかもっていません(^_^;
あと3体ほどいるのですがまったく見た事もないキャラでしたよ・・・
まあどのキャラもなかなか良いのですが、個人的にはやはりウルヴィーが一番いいですね。ポーズが自然にキマります!

さて、それぞれにオマケ(?)として付いてくるアポカリプスですがはたして組み上げると如何様な姿を見せてくれるのでしょうか。

つづく!!

|

2006年6月 8日 (木)

Tony氏来社!!

こんにちわ!WEB担当の金子です!

去る6月某日、ファクトリーに株式会社セガの澤田さん、中山さん、白船さん、そして柔らかく透き通るような質感のイラストで大人気のイラストレーターTonyさんが来社されました!

今回の来社はマックスファクトリーが9月に発売を予定している『シャイニング・ティアーズ』エルウィンのデコマス(彩色マスター)監修、そして今後のシャイニングシリーズの展開のお話しが目的です。

Dsc09845 ←左から澤田氏、Tony氏、MAX渡辺、中山氏
エルウィンのデコマスを囲んで談笑。

Dsc09174_1 Dsc09230_1 ←エルウィンデコマス画像
物腰柔らかで楽しくお話しを盛り上げてくださる気配りが素敵な方です、Tonyさん。

話し合いは終始和やかなムードで進行。特にクリア成型や透け塗装(水に塗れたような感じの塗り)の話で大いに盛り上がりました~

その後、工房見学をされたシャイニング・ティアーズ御一行様。

Dsc09848
複製部屋の長老、高橋氏(注意!男性です)に複製のレクチャーを受ける御一行様。

Dsc09853
更にレクチャーを受けるご一行様。

Dsc09854
更に(ry

次に塗装部屋。
エルウィンデコマスをえらく気に入って頂いたようで、塗装部屋のボス佐久間氏との邂逅にえらく期待してくれていたご様子。

Dsc09855 ←左が塗装部屋のボス、佐久間氏
色々な作品の塗装技術を褒めていただいて佐久間氏も照れ笑い。

最後は工房一の熱烈なTony氏のファンである森君たっての願いにより握手~
Dsc09860
快く応じていただき、森君おおはしゃぎ!!

その後、シャイニング・ティアーズご一行様は松戸の夜へと消えていきました。
いろいろと楽しんで頂いたようで良かったです。

Tony氏も大絶賛のエルウィン。間もなく受注開始となりますので皆さんよろしくお願いします!

では!

|

2006年6月 6日 (火)

35MAX発売!!

皆さんこんにちわ!
ファクトリーに35MAX、第一弾「スコープドッグ」と第二弾の「スタンディングトータス」が入荷されました!

Dsc09937
Dsc09950

実はわたくし、入社したてという事もあり今日まで35MAXをそれほど触っていなかった(ォィのですが、じっくり触った印象は“気持ちよく遊べるおもちゃ”といった感じでしょうか。降着ポーズやコクピット開閉など定番の機構をオミットした事で、他社のボトムズ商品と違う、安心感をもって遊ぶ事ができる「おもちゃ」に仕上がっています。

Dsc09965
Dsc09970

また腕の軸や股間のボールジョイントなどがシリーズ共通となっていますので、「俺AT」なんかを作るなんて楽しみもあったりします。

Dsc09982 ←謎のAT。ライフルはまったく別のフィギュアから拝借。
武器なんかも1/8サイズとかなら色々装備できそうですね~
今後シリーズが充実してくれば、更に色々な組み合わせで遊ぶことができるので是非試してください!!

さて発売時に恒例になりつつある商品の補足コーナー
まずはマニュアル。
Dsc09952
台紙の裏側に差し込んでいますので間違って捨てないでください!
ステッカーやカラーファイルなどが付いているので もったいないですよ~

次にスコープドッグについてくる謎の金属棒
Dsc09954
これは7月発売予定のターボカスタムの部品などを装着させるダボ穴を取り出す時に使います。
Dsc09962 ←こんな感じで引っ張りだします~

次にスコープドッグのアンテナ。基部が少し折れやすくなっていますので、注意お願いします~

最後、間接部分が癒着している部分がありますが(特に首周り)、間接部分、かなり強度ありますので、思いっきってねじっちゃってください(首を回す時はアンテナは取り外してください)。一度回れば後はスムーズに回るようになります。

以上、商品補足をお送りしました~

マックスファクトリー可動検討課が満を持してお送りする35MAX!!
今日、明日には店頭に並ぶものと思いますのでよろしくお願いします!!

|

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »