« アポカリプス ナウ! その2 | トップページ | イグニス定点観測 第09回 »

2006年6月22日 (木)

イグニス定点観測 第08回

皆さんこんにちは、金子です!

今回は久々のイグニス定点観測、第八回をお届けします~

さて製作開始から一ヶ月が経過し、ディレクター工藤氏が少し手を入れて変化を促そうとしたイグニスの原型製作。前回から六日が経過した状況です。

_025
_028
_030_1 制作36日目(05年9月14日)
基本的なポーズの変化はありませんね。これでほぼポーズに関しては決定といった所でしょう。
ただポーズが変化していなくても髪の毛の動きの変化、剣の持ち方で、六日前のものとは非常に印象が違うものになっています。
「この流れだと正面から全然見えないしせっかくの長い髪がもったいない」とは二日前の物を見たときの工藤氏の談話。
一番見せたいアングル=メインビジュアルにその立体の魅力を凝縮させることは原型製作において大変重要なこと。したがってイグニスの特徴的な髪の毛ももちろんこのメインビジュアルのアングルからみて「映える」ことを意識して構成しならなくてはいけないというわけですね~

以上、製作開始36日目のイグニスの状態でした!
ではまた!

(c)2005 Nitroplus co.,ltd. All rights reserved.

|

« アポカリプス ナウ! その2 | トップページ | イグニス定点観測 第09回 »